551蓬莱の「本店限定」のあんまんレポート

今や大阪名物になった551蓬莱の豚まん。1個160円の豚まんはボリュームもあり、関西人のみならず観光で大阪に来ている人でも大人気です。今では関西各地に店舗があり、各店で皮を具に手で包み蒸している出来立てが食べられることが魅力です。

さて、本題なのですが551に「あんまん」なんてあるの?と思われる人も多いと思います。各店舗では豚まん以外のメニューだとシュウマイや餃子、あとは中華ちまきしか販売していません。

しかし、ここにはありました。

zy_anman01

大阪難波の戎橋商店街にある、551蓬莱本店ですね。実はあんまんはここの店限定商品なのです。あと限定商品といえば叉焼饅(チャーシューまん ※梅田阪神店でも販売)というのもあります。こちらもなかなかの美味です。どちらも限定数販売なので売り切れの場合があります。

551蓬莱オフィシャルサイト → http://www.551horai.co.jp/

そして買ってみました。551のあんまん。2個280円、4個560円です。

zy_anman02

「豆沙饅」と書いてあんまんと読むのです。中国では「豆沙包」であんまんという意味なので間違ってはないです。551の豚まんを食べるときの「いつもの味」という安心感ではなく、初めてのものを食べるワクワク感というものを感じます。あの精神状態って何だか不思議ですね。

そして食べてみました。中身が何だか普通のあんまんと違う!

zy_anman03

あの豚まんの少し甘みのあるもっちりとした生地に、黒ゴマをペーストしたしっかりとコクのあるこしあんとが上手く合わさって上品な味でした。メインの豚まんはよく知られているのにこっちの豆沙饅(あんまん)はなぜか知ってる人がほとんどいない知られざる一品でした。

551の豚饅だけではなく、こちらの豆沙饅(あんまん)もぜひ大阪のお土産に!

ツイートツイート

ABOUTこの記事をかいた人

KYO*laboの編集部です。日々色々なネタ、時には社会派、ときには面白いネタやエロなどノンジャンルで探しつつ、このサイトの運営をしています。http://www.kyo-labo.com (kyolabo@gmail.com)