[博物館めぐり] 大阪くらしの今昔館(大阪市北区)

大阪の天神橋筋六丁目駅下りてすぐにある「大阪くらしの今昔館」。正式には大阪市立住まいのミュージアム「大阪くらしの今昔館」という館名です。大阪の都市居住に関する歴史と文化をテーマとする日本で最初に開館した、住まい専門の博物館です。

受付は大阪市立住まい情報センターの8階にあり、フロアは8階から10階です。
2014-11-16 14.11.30
順路通りに進むとまずは10階。ここは展望フロアで桂米朝さんの挨拶が流れていて、9階の江戸時代の大坂の町並みが一望できる。かなり精巧に作られているので迫力はかなりあります。

時間によって明るい昼の時間帯、雷が鳴ったり夜の時間帯があったり生活感も味わえます。
2014-11-16 14.14.25
9階に降りるとメインの江戸時代の大坂の町並みがありました。天保期(1830年代)の大坂の町家と町並みを専門家による学術的考証のもとに、伝統的工法を用いて実物大で復元したものすごい規模のものです。もちろん家の中にも入れたり展示品などにも触れたりできます。表通りは商家が立ち並び、裏通りには裏長屋が建てられています。

あとは着物の着付けもしてくれるのでさらに江戸時代の生活に溶け込むことができます。
2014-11-16 14.34.23
江戸時代の台所。これはまだ豪邸の台所のようで普通の家はここまで釜が無かったようです。この暗さが今とは全然違いますがこれに慣れると今の街がいかに明るいのか分かりました。
2014-11-16 14.36.30
薬屋にももちろん入ることができて床に上がることもできます。子供たちも帳台や帳場格子の前に座ってそろばんなど触ったり大福帳をめくったりしていました。こういう体験ができるというのは素晴らしいことです。また海外の方も喜んでいました。
2014-11-16 14.41.56
9階を長く紹介してしまいましたが、精巧に作られている江戸時代の大坂の町並みというのは飽きないのです。このフロアの最後は裏通りの裏長屋の風景です。裏通りに建てられた長屋で横丁や路地裏にある家賃の安い長屋のことで今でもその名残が残っている場所もありますね。

大阪市立住まいのミュージアム 大阪くらしの今昔館(公式サイト)

2014-11-16 14.52.04
さらに降りて8階へ。こちらは「モダン大阪パノラマ遊覧」ということで主に明治・大正・昭和の大阪を再現した模型があります。昔の空堀商店街の模型や、戦後すぐのバス住宅や高度成長期の団地の様子など展示されていました。

ここは家族連れとか海外の方と一緒に行けばすごく楽しい施設だなと思いました。町家とか江戸時代の生活というのはマニアックな面もありますが自身も体験できるのでその中に入り込むこともできるので感動も大きいです。

データ

開館時間: 10:00-17:00(入館は16:30まで)
入館料: 大人600円、高・大学生300円、中学生以下無料
休館日: 火曜日(祝日と重なった場合は翌日)、祝日の翌日、第3月曜日、年末年始
住所: 大阪府大阪市北区天神橋6-4-20 大阪市立住まい情報センター8〜10階
URL: http://www.katanotoshokan.jp/
最寄り: 地下鉄・阪急天神橋筋六丁目駅 3番出口からすぐ
JR大阪環状線天満駅から北へ歩いて7分

ツイートツイート

ABOUTこの記事をかいた人

KYO*laboの編集部です。日々色々なネタ、時には社会派、ときには面白いネタやエロなどノンジャンルで探しつつ、このサイトの運営をしています。http://www.kyo-labo.com (kyolabo@gmail.com)