[Web&technology] 7月15日にGoogleリーダーのデータが永久削除されます

Googleリーダーのデータの保存期限が近づいているようです。

まだの人は急いで! 7月15日、Googleリーダーのデータが永久削除されます

登録してきたRSS購読データは、財産。

Googleリーダーのサービスは7月1日に終了してしまいました。でも、「どの配信元からRSSを購読していたか」の情報はグーグル上にまだ残っているので、それを取り出して他のRSSリーダーに読み込ませれば、同じRSSを購読し続けられます。が、それももうすぐできなくなってしまうことがグーグルのブログポストで明らかになりました(以下抜粋)。

Google Readerのデータは、Google Takeoutで太平洋時間2013年7月15日正午(日本時間7月16日午前4時)までダウンロード可能です。

なので16日午前4時(厳密には「太平洋標準時間正午」とされているのでその場合午前5時なんですが、今米国は夏時間なので実際は「太平洋夏時間正午」の意図と思われ、他のメディアもそれに従ってます)を過ぎたら、もう今まで読んできたRSSのリストは手に入らなくなっちゃうんです。なのでまだ他のRSSリーダーに移行できていない方、早くこのデータをダウンロードしましょう。

その際の手順を以下にまとめます。

Google Takeoutにアクセスして、「Choose services」で「Reader」を指定。「CREATE ARCHIVE」を押すと、データを作ってくれます。このデータがよっぽど大きいと時間がかかるので、「Email me when ready(できたときにメール)」ってチェックボックスが表示され、チェックしておくとGmailにメールが送られます。

データができたらダウンロードします。

ダウンロードしたファイルはZipアーカイブで、中にいろんなファイルが入っています。購読データを含む「OPML」ファイルは、「subscriptions.xml」です。

「subscriptions.xml」を他のRSSリーダーにインポートすれば、引き続き今までと同じRSSが読めるようになります。

<GIZMODO JAPAN 2013.07.03 20:30>
http://www.gizmodo.jp/2013/07/715.html

一時期はRSSによって自分の気になるブログが気軽に読めると重宝されてきたWebベースのフィードリーダーですが、Google社が今年7月1日にサービスを打ち切ると発表して、事前の予告どおりに打ち切られたのですが、その購読データも7月15日を持って永久削除されるということです。

フィードリーダーもTwitterなどのソーシャルメディアがその代替となってしまっている現状ですが、また「ブログ」というメディアも改めて見直されてきています。Twitterのように文章の字数制限がなかったり、誰でも見られるサイトという点だったり。そういう意味ではまだまだ時代遅れではないサービスなのでしょう。

RSS購読データは自身の知的財産にもあたるので急いで移行しましょう。

ツイートツイート

ABOUTこの記事をかいた人

KYO*laboの編集部です。日々色々なネタ、時には社会派、ときには面白いネタやエロなどノンジャンルで探しつつ、このサイトの運営をしています。http://www.kyo-labo.com (kyolabo@gmail.com)