[レトロ喫茶めぐり] 大阪梅田・マヅラ喫茶店

ここ数年でチェーン店のカフェや喫茶店が増えてきた一方で、純喫茶というのも見直されてきています。純喫茶というのは「酒類を扱わない純粋な喫茶店」のことです。この区別をされたのは「酒類を扱い女給(ホステス)による接客を伴う喫茶店を「特殊喫茶」と呼んだことから、そう呼ばれるようになりました。大正から昭和初期辺りの言葉ですね。

今日ご紹介するのは大阪・梅田の「マヅラ喫茶店」。1970年に大阪駅前の再開発でこのビルに創業。その当時からインテリアが変わらず、1970年代の高度成長時代のそのままの雰囲気を醸し出しています。

マヅラ(大阪駅前第一ビル公式サイト)

2013-09-12 14.08.27
100坪の店内というだけで広いのですが、鏡張りということでかなり異空間な感じがします。これはマスターが小宇宙をイメージして作った店内だそうで真ん中の円形ソファ席もなかなか珍しいです。そのマスターさんは93歳なのですが未だに現役で客引きをしておられます。

喫茶マヅラ  大阪市北区梅田(コーヒー、そして、えとせとらのブログより)
色々な意味で大阪遺産・大阪駅前ビル「マヅラ喫茶店」(関西娘のスイーツカフェマニア☆のブログより)
2014-03-17 16.20.54-2
頂いたのはアイスコーヒー(250円)。20年ほど値段を変えていないらしく、スターバックスなどのチェーン店よりも安い価格になっています。あと夜はお酒類(スコッチやビールなど)も扱っていて、ここのカツサンドも名物なのです。
maz
場所は大阪駅前第一ビルの地下1階で店の前にジョニーウォーカーの人形がいるのですぐに分かります。人と人との距離感を保つのが難しい時代でごく自然にお客と店とが共存共栄、寄り添えるという、そういう感覚が持てる喫茶店です。それが本来の商売の姿であるのですけどね。

↓ お店の場所はこちらです

ツイートツイート

ABOUTこの記事をかいた人

KYO*laboの編集部です。日々色々なネタ、時には社会派、ときには面白いネタやエロなどノンジャンルで探しつつ、このサイトの運営をしています。http://www.kyo-labo.com (kyolabo@gmail.com)