[考えるキッカケ] 視覚障害者向けの著作物を広く流通させるための条約が採択されました

視覚障害者向けの著作物がこれから世界へ広がりそうです。

視覚障害者向けの著作物めぐり条約採択、S・ワンダー氏も祝福

【7月2日 AFP】世界数億人もの視覚障害者にとってより多くの著作物にアクセスすることが可能となる歴史的な条約が、6月28日にモロッコのマラケシュ(Marrakesh)での会合で調印された。調印には音楽界の重鎮で視覚障害者のスティービー・ワンダー(Stevie Wonder)氏も駆けつけ、数年がかりの交渉と既得権者からの抵抗を乗り越えて誕生したこの条約を「新たな始まり」と祝った。

 世界盲人連合(World Blind Union)によると、これまで著作権法による制限により、3億人強とみられる世界の視覚障害者が利用できる著作物は全体のわずか5%に過ぎなかったという。また、国をまたいでの取引にはさらなる制限が課せられているため、視覚障害者の90%が途上国に居住している現状では、著作物へのアクセスは非常に難しかった。

 1週間以上続いた激しい議論を経て、世界知的所有権機関(World Intellectual Property Organization)に加盟する186の国から集まった約800人の代表らは、主に著作権の規制を制限する点で妥協に達した。この条約の目的は、点字やオーディオブック、大活字といった視覚障害者向けの形式に書籍物を変換し、広く流通させることにある。

 27日に満場一致で採択された条約は、翌日、ワンダー氏が見守る中で調印された。この条約が合意に達した際にパフォーマンスをすることを約束していたワンダー氏は、「これは視覚障害者にとっての新たな始まりだ。この勝利は世界中の指導者たちに、ビジネスと善行を両立することができるとのメッセージだ。全ての政府がこの条約に批准するよう求める」と語った。(c)AFP/Guillaume Klein

http://www.afpbb.com/article/life-culture/life/2953982/10976796

これは知らなかったのですが、日本の著作権法では、日本国内で公表されている著作物については、点字に翻訳(点訳)する場合、営利・非営利を問わずに活用を認めていて、音声データも点字図書館が制作する場合だけは、例外的に著作者の許諾なしで音声翻訳を認めている ということらしいです。日本では「文字」という定義が音声や点字も同様という風に扱っているのでしょう。

ただし翻訳本になると、米国など海外に流通する著作物の場合、著作権者の許諾が必要な場合が多く、著作権料を求められることも少なくないようで、それによって日本国内で翻訳本がなかなか出せないという事情がありました。

世界的を見るともっと深刻で、視覚障害者の90%が途上国に居住している現状では、著作物へのアクセスは非常に難しい状況でした。今回は数年がかりで「点字やオーディオブック、大活字といった視覚障害者向けの形式に書籍物を変換し、広く流通させる」といった日本の著作権法に近いような形の条約が激しい議論の末に取り決められました。

視覚障害者の方々にとってはこれからが「新たな始まり」なのでしょう。

ツイートツイート

ABOUTこの記事をかいた人

KYO*laboの編集部です。日々色々なネタ、時には社会派、ときには面白いネタやエロなどノンジャンルで探しつつ、このサイトの運営をしています。http://www.kyo-labo.com (kyolabo@gmail.com)