ビットコイン ビットフライヤー

ビットフライヤーでのビットコインの具体的な売り方の手順を簡単説明!

更新日:

今回は、以前、ビットフライヤー(bitFlyer)ビットコイン取引所で購入したビットコインを、実際に売った時のやり方やコツについて、具体的に説明します。

保有しているビットコインは、簡単に、ビットフライヤーのビットコイン取引所で売ることができますので、株式やFXなどの取引の経験が無いような初心者の方にも、見てもらえればと思います。

私自身も、ネット証券を使った株取引での売却経験は何度もありますが、ビットコインに関しては初めてでしたので、参考にしていただけたら嬉しいです。

それでは、早速、ビットコインの具体的な売り方の手順を見てみましょう。

 

ビットフライヤーでのビットコインの具体的な売り方の手順

 「ビットコイン取引所」での保有ビットコインの売り方

ビットコイン売却前

 

まず、ビットフライヤーの管理画面左側のカテゴリー一覧から、「ビットコイン取引所」を選びます。

なお、ビットコインの売却は、「ビットコイン販売所」でも売ることができますが、「ビットコイン取引所」で売却した方が、明らかにお得になりますので、今回は、取引所での売却を前提とした手順を説明したいと思います。

もし、ビットコイン販売所とビットコイン取引所の違いについて詳しく知りたい方は、よければ、以下の記事も読んでみてくださいね。

→ ビットフライヤーのビットコイン販売所と取引所の違いは?手数料は?

 

そして、画像右側の取引板の下にある、数量・価格の入力欄(赤枠)を見てください。

私は、ビットコインを、この時のタイミングで売却しようと考えていたため、数量を「0.001BTC」、価格(指値)を1,960,000円(ここでは、1BTCあたりの価格を入力します)に設定しました。

なお、この価格の欄には、初めは、ビットコイン取引所の管理画面を開いた時の直近の取引約定価格(画像左上の黒枠)が自動的に入力されます。

今回、画像右上の青枠の金額(1,958,000円~1,960,470円/1BTC)を見た時に、直近の取引約定価格よりは、もう少し高い金額で売却したかったので、1,960,000円(1BTC)と指値を入力しました。

そして、数量・金額の入力が終わったら、赤枠の「コインを売る」をクリックします。

 

ビットコイン注文実行ボタン

 

すると、画像のように、日本円参考総額が表示されます。

価格(BTC/JPY)の方に、桁を間違えるなどして入力すると、場合によっては、大変な大損をすることもありますので、必ず、この参考価格を最終的に確認することが重要です。

そして、「注文を実行する」をクリックして、注文を確定します。

 

ビットコイン売却注文完了

 

すると、画像のように、「注文しました」という注文指示の確定のメッセージが流れますので、あとは取引が成立するのを待つだけとなります。

 

ビットコイン売却注文中

 

その注文中の状態が、ビットフライヤーの管理画面下にある注文履歴にのっています。

そして、ステータスが「オープン」売買種別が「売り」と表示されます。

実際には、この売却の注文指示を出した後、しばらくの間、売買取引は成立しませんでした。

その後、次第に、取引板の相場価格(他の取引約定価格)が下がってしまったため、売買不成立になるかと思いました。

しかし、さすが、そこは、価格変動率の大きいビットコインということで、約5分後には、いつもの「チロリーン」という効果音とともに、売却注文が成立しました。

 

ビットコイン売却注文履歴

 

上の画像が、その注文完了後の注文履歴です。

ステータスが「完了」に変更しています。

これで、あっさりと、ビットコインの売却取引が成立しまして、その売却金額が、ビットフライヤーの口座残高に反映されます。

なお、今回の売却取引での取引手数料は、購入時の取引手数料と同じで0.15%ですので、約3円程になります。

やはり、デイトレーダーのように、頻繁に取引をするタイプではない、私のような人にとっては、売買取引手数料0.15%というのは、それ程高くないパーセンテージだと思います。

スポンサーリンク

 

ビットフライヤーでのビットコインの売り方のコツ

今回は、ビットフライヤーで保有していたビットコインを売る時のやり方について、私自身が、実際に売却した時の手順を通して、具体的に説明してきました。

この経験で最も感じたことは、ビットコインの売買取引は、ある程度、購入・売却する金額を決めて注文を入れたら、じっくりと待つことが重要であると再認識しました

どうしても、自分が売買注文を指示した直後というのは、取引板を見ていると、心理的に、何か自分の希望する金額よりもかけ離れていくという印象を思いがちです

確かに、新興株取引をしていた時は、その新興企業の株価を押し上げたり下げたりする情報が流れて、その後、すぐに、その株式を売買しようとすると、希望の売買価格から、どんどん離れていってしまうことがよくありました。

経済指標や政治情勢・為替の大幅変動などの緊急ニュースにより、市場全体の地合いが、急上昇・急降下するような時も、同じようなことが起こりやすいです。

ただ、ビットコインの場合、そういったことも当然起こりうると思うのですが、株式市場以上に、ボラティリティ(価格変動率)が大きいと感じるので、価格が上がるにしても下がるにしても、その変動率が大きいため、しばらく待っていると、自分が希望する価格に近づき、成立しやすいという印象を持ちました(ただし、当然のことですが、その時の相場価格から、あまりにかけ離れている売買価格を指値注文する場合は、そう簡単に取引成立には至らないと思います)。

そして、最後にまとめると、通常の株式の取引などと違って、1日の引けというものが無く、365日24時間取引が続いているという点も、その変動率の大きさの原因になっているのではないかと思いますので、そういった意味においても、株式の売買取引をしている時以上に、注文を出したら、売買注文が成立するまで、しばらくは取引成立となるのをじっくり待つという投資スタイルが、必要になってくるのではないかと感じました。

-ビットコイン, ビットフライヤー
-

Copyright© ちょっと気になる情報局 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.